は じ め に

近年、「自閉スペクトラム症」「ADHD」「学習障害」など、発達障害という言葉を、よく聞くようになり、その理解や正しい知識が広まりつつあります。一方、その特性の現れ方は一人ひとり違っているため、一般的な知識だけでは、その子どもの状況や判断、支援方法に迷うことがあります。 それぞれの子どもに合った関わり方や支援方法を考えるためには、専門的な知識が必須です。 スッカSukha、スッカ梅が台は、発達障害に関する知識と経験豊富なスタッフが保護者と協力しながら、本人の強みを活かし、理解しやすく学びやすい支援を行います。 このことは、将来的にも、社会の中で、適応的で充実した人生を送ることに繋がっていきます。

こんなことで悩んでいませんか?

・視線が合いにくい
・他の子どもに関心がない、うまく遊べない
・言葉の発達に遅れや偏りがある
・相手の話を聞かず、一方的に話をしてしまいやすい
・会話のやりとりがずれたり、成立しにくい
・新しいことをするのを嫌がる
・予定の変更を嫌がる、辛そうにする、イライラしやすい
・こだわりが強い
・動きが多く、じっとしていることが苦手
・幼児期にあまりごっこ遊びをしなかった
・忘れ物やなくし物が多い
・集中力がない
・計画を立てたり、物事を順序よくやっていくのが苦手
・片付けや、整理整頓が苦手
・集団生活についていけない    など

スッカの療育方針

家族や地域の人たちとともに、より幸せに暮らし、自尊心を持って自立した生活が送れることを目指し、幼児・学齢期においてその基礎を保護者の方との協働のもとに築いていきたいと考えています。

① 自閉症等の学習スタイルに合わせた支援をおこないます
② 個別の評価と、 支援の目標設定をおこない、保護者と情報を共有します
③ 療育の中で個別の目標に合わせた具体的な支援方法のモデルを提示します
④ 家庭や地域への般化・応用を目指します

 

スッカの療育内容

●TEACCHプログラムを参考にした療育支援を行っています。
…TEACCHとは、1960年代よりアメリカ・ノースカロライナ州で発展してきた自閉症の人たちのための生活支援制度で、TEACCHの目的は、自閉症の人が社会の中で有意義に暮らし、できるだけ自立した行動をできるように支援することにあります。自閉症を正しく理解し、自閉症の学習スタイルに配慮した教育や支援を行うことは世界共通です。TEACCHプログラムは、根拠のある支援として、世界中で研究され、立証された方略の1つです。

スケジュールで活動の見通しを持って
主体的に行動している場面     

●PECSコミュニケーションのトレーニングを行っています。
…絵カード交換式コミュニケーションシステムの略で自閉症児(者)やコミュニケーションに課題を持つ子どもや成人が自発的なコミュニケーションが取れるように教えていくもので、アメリカをはじめとする世界60国以上の国や地域で、根拠のある指導・支援と認知されています。

PECSを使用し、      
コミュニケーションしながら、
形容詞や助詞を学んでいる場面

●JASPERプログラムを参考にした対人関係支援を行っています。
…自閉症スペクトラム症児への早期支援技法の1つです。Joint Attention(共同注意)、Symbolic Play(象徴遊び)、Engagement(相互的な関わり)&Regulation(感情調整)の頭文字をとったもので、自閉スペクトラム症児の中核的な課題である共同注意、象徴遊び、相互的な関わり、感情調整に焦点を当てた自然な発達的行動介入法です。

同じ遊びを大人と   
一緒に楽しんでいる場面

●SST(Social Skill Training)を発達年齢や直面する課題に合わせて行っています。
…対象児の年齢や性別、特性等を考慮してプランニングします。周囲の人の視線や表情への気付きや、場にふさわしい適切な言動、自分の感情や考えの表現方法などのスキルを獲得し、日常生活において、他者と関わる能力を高めていきます。

保護者と一緒に勉強会を行い、社会的な意味や暗黙の了解等の伝え方について学び合っています。

今持っている子どもの強みを確認し、得意なことを活かした活動やチャレンジしていく気持ちを大切にしていきます。学習に向き合う姿勢づくり、自立課題、職業課題、お手伝いなど、自分でできることが自信や達成感につながっていくように支援していきます。

保育所等訪問支援は、平成 24 年 4 月 1 日施行の改正児童福祉法により創設された支援です。保育園や幼稚園、認定こども園、学校、放課後児童クラブなど集団生活を営む施設を訪問し、集団生活への適応のために専門的な支援を行うものです。
スッカSukhaは、広島市より認可され、2020年1月より実施しています。

PEPはエリック・ショプラー(Eric Schopler et.al.)らが、ノースカロライナ大学医学部でTEACCHプログラム実施に際して、自閉症支援にエビデンスを与えるために開発されたアセスメントテストです。ASD(自閉スペクトラム症)の発達のばらつきとASD特有の行動のアセスメントを通して教育の手がかりを得ることを目的にしています。
2020年1月より実施しています。

わ た し た ち の 思 い

ここは安心できる場所。
かかわるすべての人にとって、
そんな場所でありたいと願いを込めて。。。

PAGE TOP
MENU